京都会議③

1月19日(土)

さて本年京都会議のメインフォーラムとなる「SDGs推進フォーラム」をご紹介しましょう。

前回の内容でSDGs(Sustainable Development Goals)とは国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標だとご説明しました。

今回のフォーラムでは、講師として片山さつき地方創生相を招き、現在政府が上記のSDGsに対してどのような取り組みをおこなっているのか、そして全国各地、特に地方の青年会議所がおこなう事業がどのようにしてSDGsに紐づけられるのかについて基調講演とパネルディスカッションが行われました。

京都会議②

1月19日(土)


今年の京都会議はSDGs一色!

さて、みなさんSDGsという言葉を耳にされたことはありますか?

SDGs(Sustainable Development Goals)とは持続可能な開発目標という意味です。

2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

2019年度の公益社団法人日本青年会議所は、日本で最もSDGsに取り組む団体を目指しています。

京都会議①

1月18日(金)

今年もこの時期がやってまいりました。本日より京都会議に参加します!

まずは、日本青年会議所 総活躍社会確立委員会 第1回全体会議へのオブザーブです。本年は松阪青年会議所より浅井君をはじめとする4名の会員が出向をしています。

とうかい号本部役員会議オブザーブ

議案に向き合う清水くん↑
清水くんの活躍をオブザーブする竹上理事長

1月12日(土)

第1回とうかい号本部役員会議にオブザーブ参加をしました。

本年は当会議所より、生活部長として清水智成君を輩出しております。

青年会議所の出向制度は、所属LOMでのまなびにとどまらず、ブロック・地区・日本と様々な出向先で稀有な経験とまなびを得ることができます。もちろん会員一同出向者を精一杯サポートしていきますよ!

前期オブザーバーオリエンテーション

1月10日(木)

第1回目の前期オブザーバーオリエンテーションを開催しました。

松阪青年会議所に入会をお考えの2名のオブザーバーをお迎えして、人間力向上委員会より青年会議所の説明、そして会員の紹介をおこないました。

オブザーバー期間の3か月間は、青年会議所の様々な事業に参加していただきます。青年会議所はどのような団体なのか、そして青年会議所に所属することでどのようなことを身に着けることができるのか、しっかりと考えていただき、ご入会までの運びとなります。

ご興味のあるかたはぜひ!入会案内をごらんください。

新年会

1月8日(火)

1月例会に引き続き、新年会を開催いたしました。

ご来賓の方々や青年会議所OB世話人会・先輩諸兄のみなさまと2019年の新しい門出をお祝いさせていただきました。

1月例会

1月8日(火)

2019年度 1月例会は「~個々の魅力を最大限に~」をテーマに開催されました。

まずは委員会発表に先立ち、理事長バッジ交換式、そして2019年度のスローガン発表を力強くおこないました。本年度のスローガンは「共鳴-共鳴こそが未来の力を生み出す-」です!

委員会発表では担当の総務渉外委員会が、会員それぞれ個人スローガンを掲げることによって、個々の魅力を最大限に伸ばし、その魅力が共鳴することにより、我々松阪青年会議所の組織がより強固なものとなること会員に伝え、おもいを共有しました。


松阪市消防出初式

1月6日(日)

松阪市消防出初式に参加させて頂きました。消防士の方々に加え、地域の消防団員のみなさまが大変厳かな雰囲気の中、出陣式が執り行われました。

出陣式の後は鈴の森公園に移動し、消防車両のパレードと迫力あるカラー放水の実演です!まちの方々もたくさん来場されていました。

2019年度 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

平素より松阪青年会議所の運動にご理解とご協力を頂き誠にありがとうございます。

本年度は、「共鳴―共鳴こそが未来の力を生みだす―」をスローガンに掲げさせていただきました。46名の正会員一人ひとりが持つ若い力を松阪青年会議所に集結することで生まれる一つの大きな力を笑顔あふれるまちづくりの力として発振し、明るい豊かな社会を実現すべく運動を展開していきたいとのおもいを込め掲げさせていただきました。その為にも青年会議所会員それぞれが互いをおもいやり、協調性をもって共に行動を起こすことが重要になると考えます。その過程には様々な葛藤があり、ぶつかり合うことも想定されますが、真摯に向き合い一歩ずつ乗り越えて見据えたゴールを達成していくことで確固たる自信を得て、逞しい姿へと成長していきましょう。

さて、松阪青年会議所は本年で65年目を迎えます。この節目の年に我々は、これまで一年一年、紡ぎ上げられてきた功績に敬意を表すと共に、松阪青年会議所の未来を示す必要があると考えます。持続可能なまちの将来像を描き、その中で我々が担う役目を明確にもって前進することが我々の使命であります。その役割を果たす行動を共に2019年度から未来に向けて行い、松阪青年会議所の存在感を示していきましょう。その応えはまちの声となり、また、同志の拡大となって返ってくるものとなります。

最後になりますが、一年という限られた時間の中で同志と共に切磋琢磨し最大限に力を発揮して青年会議所運動を邁進して参ります。正会員個々の力だけでなく、関係各所のご高配を賜りますようお願い申し上げましてご挨拶と代えさせていただきます。2019年もどうぞ宜しくお願い致します。

松阪JC、やりましょう!!

2019年度 第65代理事長 竹上景太