4月例会

2021年4月8日(木) 4月例会が1月例会以来3か月ぶりにコロナウイルス感染拡大防止に注力したうえで、会員が一堂に会し人財開発委員会担当のもと開催されました。

私たち松阪青年会議所の使命である、魅力ある人財の育成に重点を置き「目的に向かってひとを巻き込みながら牽引していける人財」になるために必要と考える「理念」を設定することの重要性を学ぶ機会を設けました。

それぞれが属する組織の方針や、目指す方向性を「理念」として示すことのできる指導者として成長すべく、座学やグループディスカッションが行われ会員それぞれにおいても研鑽を積む機会となりました。

その後、前期新入会員へのバッチ贈呈が行われ、新たに2名の仲間が増えました。

有限会社ミスズの安田江輝君、みのる法律事務所の砂子昌利君、これから一緒に頑張りましょう!

松阪祇園まつり三社みこし世話人会 事務局開き

4月6日(火)松阪青年会議所では松阪祗園まつり三社みこし世話人会より委託を受け事務局開きが行われました。コロナ禍という状況も鑑み、小規模での開催となりましたが、今年も無事スタートを切ることができました。まつり委員会と共にみんなで力を合わせて頑張っていきましょう!

東海地区協議会第2回会員会議所会議

3月27日(土)に東海地区協議会第2回会員会議所会議が京都の地にて開催されました。コロナ禍の為当日はハイブリット開催となりましたが、東海地区協議会副会長として出向しています浅井俊一君も出席し、各LOMの理事長が集まり、2020年度決算と2021年度の修正予算等の審議が可決されました。その後、京都国際会館にて日本青年会議所第167回総会が執り行われました。

コロナ禍で対面する機会が減ったなかで、感染拡大防止に対する万全な対策のもと、全国の会員会議所の理事長が一堂に会する貴重な機会となり、三重県内はもちろんのこと、東海地区、そして日本国内での各地会員会議所間の連帯を実感することができました。この機会で得ることができたエネルギーを松阪に持ち帰り、松阪青年会議所の事業のさらなる活力に繋げて参ります。

第3回前期オブザーバーオリエンテーション

3月11日松阪市市民活動センターにて第3回前期オブザーバーオリエンテーションが開催されました。新人研修委員会によるJCを通じた自己成長目標と今後のJC活動におけるアクションプランの整理をテーマにした事業が行われました。新人研修委員会のメンバーからオブザーバーの他己紹介が行われ、その後、オブオブザーバーの方々に青年会議所活動を通じた成長目標、アクションプランの設定を立てて頂き、今後の意気込みも含めた自分プレゼンテーションをして頂きました。そして、オブザーバーとしてご参加いただいた全2名の方から入会申込書をご提出頂きました。これから一緒に活動できるのが楽しみです!

3月2LOM合同例会

2021年3月8日(月) 一般社団法人伊勢青年会議所と公益社団法人松阪青年会議所の3月2LOM合同例会が現地とWebとのハイブリッド形式にて開催されました。

一般社団法人半田青年会議所より2020年度新JC宣言確立会議に出向されていた曽根加奈子君を講師にお招きし、20年ぶりに改訂された新JC宣言に込められたおもい、改定の背景を理解することでJCに与えられた役割、当たり前であったものが変わる事での成長をテーマに講話いただきました。

その後に伊勢青年会議所会員と松阪青年会議所会員が混合したグループに分かれ、自分に与えられた役割とは何かを認識し、それをどのようにして今後の青年会議所運動に繋げていくのかをディスカッションを行いました。

時代の流れの中でJCとしても変えていかなくてはいけない事、変えてはいけないことを気付かされる事業となりました。皆様の今後の活動の参考にしていただけますと幸いです。

献血活動

2月28日(日)に松阪ショッピングセンターマームにて日本赤十字社様ご協力の下、献血活動を実施させて頂きました。当日はとても多くの方々に参加頂き、誠に有難う御座いました。
これからも松阪青年会議所は社会課題の解決に向けて、私たちができることを考え、行動し更なる街の活性化に向けて活動して参りますので、皆様のご理解とご協力の程お願いします。

第2回オブザーバーオリエンテーション

2021年2月25日(金) 第2回オブザーバーオリエンテーションが新人研修委員会担当のもとZoomにて開催されました。

オブザーバーからの自己紹介の後、2月例会の委員会発表で行った「青年会議所活動で成し遂げた成長」で得られた成果の集計結果が発表されました。

その後、現場リーダーが語る「JCの現場最前線」と題し、委員長と出向理事の7名からJC活動を通じた苦労、成果、それらを通じた成長実感についてオブザーバーの方にプレゼンテーションが行われました。JCを通じて得ることができた具体的な成長について聞いていただけたかと思います。当日参加頂きましたオブザーバーの方々、有難うございました。

献血のお知らせ

2月28日(日)松阪市ショッピングセンターマームにて三重県赤十字血液センター様と献血活動をさせて頂きます。午前の部10:00~11:30午後の部13:00~16:00に開催となります。コロナ禍の為献血が不足しておりますので、お時間許される折に松阪ショッピングセンターマームにお越しいただき、献血のご協力の程宜しくお願いいたします。

2月例会

2021年 2月8日(月) 2月例会が新人研修委員会、2月定時総会が総務委員会担当のもとWebとのハイブリッド形式で開催されました。

2月定時総会においては、「2020年度事業報告・決算報告」と「2021年度修正予算」の2議案が審議可決されました。

2月例会では「呼び覚ませ活動意欲、立ち上がれ正会員よ!」をテーマに、事業が執り行われました。

スマホなどの端末を使ったアンケートに答えていく形で、正会員それぞれがこれまでの青年会議所活動の軌跡を振り返えるワークを行った後に、ディスカッションの時間を設けました。ワークを通じて、「自身がどういった希望や目的を持って青年会議所の門を叩いたのか」、「それをどういった活動を通じて達成してきたか」、「これからどういった青年会議所活動を送っていきたいか、あるいは送っていくべきなのか」などの整理を行いました。最後にワークの結果を集計し、共有を図りました。

当例会を通じて、正会員の活動意欲がさらに高まることで、活動の質を向上させ、しいては青年会議所の魅力を高めることに繋げていきたいと思います。

京都会議 新年式典(WEB開催)

1966年11月JCI世界会議が日本国内で2番目の地として京都で開催されました。以来、新年度のスタートとなる通常総会を始め諸会議が京都で開催されるようになり、1年間のJCI日本の方向性や政策を共有する場として定着しています。

しかし、本年は新型コロナウイルス蔓延による緊急事態宣言の発令により、感染拡大予防の観点から、全国からの移動を伴う実地での開催はせず、初めてWEB開催となり、1月22日から1月24日までの3日間の開催となりました。

そして、本年の新年式典は二部構成として、公益社団法人日本青年会議所 会頭 野並晃君による所信表明と、会頭、4名の副会頭、専務理事、地区担当常任理事が方針などを語らう場が設けられました。

新年式典閉会後、松阪青年会議所ではZOOMを活用し、清水理事長より会員に向け、「パートナー(行政や他団体)を巻き込むことによって青年会議所だけでは成し遂げることのできない、より大きな運動を行う事ができること。」「青年会議所として変わらなければならない習慣と変えてはならない習慣があり、そこから新たな取り組みや活動に繋げながら、青年会議所としてあるべき姿も追い求める必要がある。松阪青年会議所としてもこのことを考えながら地域の発展に尽くしていこう。」という指針を示す挨拶をいただきました。